これから宅建士の勉強を始めるみなさんへ

宅地・建物の取引業務には、欠かすことのできない宅建士資格。 不動産業界でも大手の企業になりますと、この資格は持っているのが当たり前という風潮もあるようですが、 中小企業などでは、まだまだ宅建士の比率は少ないようです。

しかし、不動産の取引を行う会社などは、必ず5人に1人以上の宅地建物取引士を置く義務があります。 また宅建の魅力について、もう少し大きくとらえてみますと、人は「不動産」を離れて生きていくことができないということが挙げられます。

そこで家族で暮らし、子供を育て、憩う場所が不動産(自宅)です。 そして社会のために働いたり、世の中に必要なものを生産する場所が不動産です(オフィスや工場)。

そう考えますとどんなに時代が変わっても、不動産の取引に携わる宅建士のニーズは、増えることさえあれなくなることは決してないでしょう。 毎年のように20万人を超える受験生が殺到する、人気資格である理由がうなずけますね。

このサイトは、これから「宅地建物取引士」の資格を目指す方を対象に、おもに勉強法のことを中心に情報をお届けしています。
宅建の勉強をするとどんな知識が身につくのか?
その当たりのことがわかるだけでも、試験を目指そうかどうかと思案している方の迷いを払拭できるのではないかと思い書きました。 宅建の試験勉強を始める前に、参考にしてみてください。

>>最先端の通信講座がモニター受講できる!
>>お申し込みはコチラ